60歳の細胞が
20歳のからだに若返る

ハーバード大学医学部教授 David Sinclair 教授

出典:NHKスペシャル<ネクストワールド私たちの未来>「寿命はどこまで延びるのか」より

現段階の技術では不老不死にはたどり着けませんが
寿命は簡単に20年くらい延びるでしょう

「ハーバード大が世紀の大発見! 30歳若返りのクスリ【後編】」
PRESIDENT ONLINE 2016/03/13 10

これは、世界のNMN研究の第一人者の言葉です

人類の、永年の夢「若返り」を示唆する言葉
寿命をコントロールするシステム

『抗老化』の明確な方法
その有力な答えの1つが

NMNの摂取なのです

NMNについて- about NMN –

NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)とは?

  • これまでの「アンチエイジング」という言葉とは明らかに次元が違う「抗老化成分」、若返りが可能だと証明され世界が注目している成分、それがNMN。
    元々わたしたちの細胞の中で合成される補酵素があり、その補酵素が細胞の若さを司っています。この補酵素が不足すると細胞が若返ることができなくなります。しかも厄介なことにこの補酵素は体内でしか合成できません。外から取り込むことができないのです。研究の結果この補酵素はNMNから作られていることがわかりました。実はNMNも元々わたしたちの細胞の中で合成されていますが、これも加齢と共に減少します。しかしNMNは摂取することができます。良質なNMNを摂取することで、若返りを促す補酵素を増やすことができるのです。この結果、衰えた臓器がよみがえる可能性が高いものと考えられています。老化をにぶらせ、寿命を延ばす・・・現段階で人間の老化をコントロールできる最も高い可能性を持つ物質として、NMNは今世界中の注目を集めています。

※世界初 抗老化候補物質NMNを、ヒトに安全に投与できることが明らかに(慶応義塾大学医学部プレスリリースより)
https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/files/2020/1/21/200121-1.pdf

NMNの働き

NMNの働きの図

「サーチュイン遺伝子」という言葉が話題になっています。「若返り遺伝子」「長寿遺伝子」とも呼ばれています。その活性化が、老化防止や長寿につながると世界中の研究でわかってきました。そして活性化に重要な役割を果たしているのが、NADという補酵素です。ところがNADは直接体内に摂取することができません。NMNを摂ることで体内で合成されます。NMNを摂ることだけが、サーチュイン遺伝子の活性につながることが明らかとなったのです。
※公益社団法人日本生化学会 生化学 老化関連疾患におけるNAD+合成系の役割と創薬標的としての可能性より
https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2015.870239/data/index.html

さらにNMNついて知る >

NMNと水素の力- power of NMN and hydrogen –

細胞死の比較の図と血管新生と血流の比較の図

血管新生は加齢とともに減少しますが、その理由の一つに酸化ストレスと血管内皮細胞の細胞死が関与しています。老化研究の権威であるハーバード大学のシンクレア博士らがマサチューセッツ工科大、ペンシルバニア大などと共同研究を行った成果が2018年にアメリカの科学雑誌※に発表されており、その論文での報告によりますと、過酸化水素処理をした血管内皮細胞の細胞死はNMNの処理で抑制され、水素の化合物と組み合わせることにより、さらに抑制されます(左図)。一方でサーチュイン1を欠損させた20ヶ月齢(ヒトの年齢では60歳程度に相当します)のマウスにNMNと水素の化合物を4週間投与しても、血管新生は促進されませんでした(右図の茶棒グラフ)。
これらの結果は血管内皮細胞中のNAD+のレベルを上げ、サーチュイン1を活性化させることが血管新生を促進し、血流を増やして、運動負荷に対する耐性を改善する効果があることを示しています。そして、その作用は水素の化合物を同時に作用させることにより、さらに増進されるという結論を裏付けるものでした。
出典:Cell.2018 Mar 22;173(1):74-79.

※日本語訳は、原文の全てを直訳したものではなく、要旨を意訳したものです。
Neovascularization declines during again, in part, because of an increase in oxidative stress and EC apoptosis. In response to H2O2 treatment, NMN reduced the number of apoptotic ECs from 42% to 17% and, in combination with NaHS, reduced it to 11%.
SIRT1 was knocked down in 20-month-old mice that were then treated for 4 weeks with NMN and/or H2S precursors (NaHS and GYY4137).
The ability of NMN alone or in combination with H2S precursors to increase vascularization was blocked in the SIRT1 knockdown mice.
Although the system may result in off-target effects and produce short-term effects making it difficult to directly compare them to knockout mice, they are consistent with our previous conclusions that raising NAD+ levels and stimulating SIRT1 activity in ECs is an effective way to increase angiogenesis and blood flow to improve exercise endurance, a pathway that is further enhanced by co-treatment with H2S.

NMN Gold について- about NMN Gold –

NMN Goldはバイオテクノロジーから誕生したビタミン由来のNMNです

  • NMN Goldに配合のNMNは、化学合成によるものではなく、酵素によるバイオテクノロジーから誕生したNMNです。
    NMN製品は純度を重要視しています。低純度のNMNは不純物が多く、安全な長期間の使用には適さないからです。『NMN Gold』に配合されているNMNは、安定して高純度(98%以上)を維持する高品質のNMNだけを用いています。

NMN Gold について詳しく見る >
NMN Gold の公式通販サイトはこちら>