NMN Goldが質・量ともにパワーアップ! リニュアルした新NMN Gold

発売より1年余り。NMN Goldは健康志向の高い多くの皆様の支持を受け、このたび内容を新たに、マナ水素とのより充実したコンビネーションをご体感いただけるようバージョンアップを図りました。

【NMN Gold リニュアルポイント】

 

●NMN含有量が大幅アップ

1カプセルのNMN含有量60mg → 150mg の2.5倍量に

1瓶50カプセル入が → 60カプセル入 に10粒増量

トータル3000mgのNMN含有量が → 9000mg の3倍量に

 

●実測値100%を超える高純度

純度98%以上 → 純度99%以上にアップ
実測値102%のNMN含有量が分析結果で証明されている

分析報告書 (※クリックして拡大)

 

<NMNの純度が100%を超えているのは?>
純度の試験では、分析値が100%を超えることはしばしば見られます。これは、試料中のNMNの重さが試料の重さを超える、といったあり得ないことを表しているのではありません。分析値(HPLC法)は、あらかじめ純度のわかっている標準物質(通常99%超)と、試料の測定結果とを比較し、標準物質に対し何%のNMNが含まれているのかを計算して求められます。勿論若干の分析誤差はありますが、純度102%は、標準物質を超える純度であることを示しています

 

[ご参考]
日本薬局方における規格値
〇ビタミンB1(塩酸チアミン)・・・98.5~101.0%
〇ニコチン酸アミド・・・98.5~102.0%
〇ビタミンB6(塩酸ピリドキシン)・・・98.0~101.0%
※分析誤差を考慮し、企画範囲が設けられています。

 

●新成分「フィセチン」含有

植物性ポリフェノールの中でも取り分けセノリティクス活性に優れたフィセチン(たらよう葉抽出物)を新配合
体内に蓄積された「老化細胞」を選択的に取り除き、抗老化・若返りを更に加速

フィセチン

 

●新パッケージデザイン

NMN Goldの優れた抗老化力×マナ水素の優れた抗酸化力をセットで享受
NMN単独では得られない体感を実感
2つの力の相乗効果をイメージデザインした新パッケージ

 

【抗老化薬・セノリティクスと、新配合・フィセチンについて】

NMN同様、老化を遅らせ、健康寿命を延ばす薬「抗老化薬」として開発が進められているセノリティクス。この度NMN Goldに新配合されたフィセチンは、このセノリティクス活性に非常に優れた物質として確認されています。

 

●セノリティクス薬

現在開発中の老化細胞除去薬。加齢に伴い蓄積された老化細胞を選択的に体内から取り除くことで、加齢を原因とする種々の症状の緩和や改善、病気の予防や治療、健康寿命を延ばす可能性を実証する研究が報告されている。
また、慢性腎不全、変形性関節症、加齢性黄斑変性、糖尿病など多くの慢性疾患に対する治験や研究が進められている。

 

●老化細胞

遺伝子の損傷、ミトコンドリアの機能不全、炎症などにより誘発され、加齢と共に生体内に蓄積される分裂を止めた細胞。(通称「ゾンビ細胞」とも言われる)
細胞の周りに炎症を引き起こすサイトカインやケモカイン、タンパク質を溶かすプロテアーゼ、正常な細胞に対し影響を及ぼすエクソソームなどを放出し続け、慢性的な炎症が広い範囲でダメージを及ぼし、動脈硬化や癌などの老化に伴う病気の発症に関わることが判明している。

 

●フィセチン

老化細胞を取り去る薬剤とされるセノリティクス薬。その候補として同定されている化合物の1つであるケルセチンは、玉ねぎなどに多く含まれる天然の化合物で、植物性ポリフェノールである。
植物性ポリフェノール(10種類)を解析した結果、最も強力なセノリティクス活性を示したのが「フィセチン」であると判明。フィセチンは、老化細胞を抑制する作用、高い抗酸化作用、抗老化作用、抗ガン作用、神経を保護する作用などが報告されている。
またフィセチンは、一般的な食品に含まれ、経口摂取できる天然の化合物であり、副作用がないことも報告されている。
フィセチンを多く含む食材:イチゴ、リンゴ、ブドウ、柿、タマネギ、キュウリなど

 

[参考]
天然物フィセチンが健康寿命を伸ばすことをマスサイトメトリー(CyTOF)を用い解明。 – バイオマーケットjp (biomarket.jp)
フィセチン | 和方医学研究所株式会社 (jtml.jp)
セノリティクス薬がアンチエイジングの未来を切り開く? (life-is-long.com)

<関連記事>

朝日新聞夕刊一面に、老化研究の流れが加速しているとした「抗老化」「健康寿命」に関する記事が掲載されました。

「抗老化薬」として開発が進められているNMNとセノリティクスについて

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL