新型コロナウイルスが引き起こすサイトカインストームとは…

新型コロナウイルスに脅かされる日常となり、早一年以上が経過。ワクチン接種の加速が求められる中、感染力が高いとされる変異株(変異型コロナウイルス)が世界約130カ国地域で確認され、その拡がりは予想以上に速く、新規感染者の占める割合はすでに8割を超える事態となっています。
このウイルスに感染すると、体中に異変が起き、この異常は「サイトカインストーム」、いわゆる過剰な免疫反応が影響を及ぼしていると考えられています。

 

日本感染症学会・石田直医師によると、新型コロナウイルスに感染した人の多くは、インフルエンザや風邪のような症状が見られ、これまで80%程度の人は軽症で回復することが報告されてきました。基本的には、免疫力が低下している高齢者や、糖尿病などの基礎疾患がある人が重症化しやすいことが伝えられる中、一方で10代や20代の若年層の重症例も報告されています。

 

重症化の引き金となるサイトカインストームとは何なのか。またその対策として有効なこととは。それを知るために、まずは免疫の仕組みについて見てみることにしましょう。

免疫は人間の体に備わった防御システム

人間の体内に外部から菌やウイルスなどの外敵が侵入すると、免疫系が細胞からのSOS信号警告を出すため、体はある物質を産生します。この物質がサイトカインと言われるものです。これは、免疫細胞(白血球など)を召集して感染箇所を攻撃するよう働きかけます。指示を受けた免疫細胞は、体の他の部分を救うために、感染した組織を死滅させます。これが免疫の仕組みです。
人の体を外敵から守っている免疫系ですが、この免疫が過剰に反応してしまうと、必要な細胞や器官などを自ら傷つけてしまうことになるのです。様々なアレルギー反応なども、この一種といえます。

免疫機能の大混乱=サイトカインストーム

さて、新型コロナウイルスが体内へ侵入すると、まずは肺に侵入します。そこで大量のサイトカインが肺へ送り込まれ、体内の免疫機能は大混乱を引き起こしてしまいます。サイトカインが免疫細胞を集めすぎた結果、活性酸素によって肺の機能が損なわれるほどのダメージを与えてしまうためです。結果的には感染した細胞だけでなく、健康な組織までも破壊されてしまう。これがサイトカインストームです。
こうした大混乱は、肺にとどまりません。やがてサイトカインは血液によって全身に運ばれ、肝臓や腎臓など複数の臓器で問題を引き起こすようになります。すると事態は急変し、最も深刻なケースでは、全身に酸素を送る機能が低下し、多臓器不全に陥ることにもつながります。

感染予防と治療には抗酸化が有効

(公財)ルイ・パストゥール医学研究センター抗酸化研究室の犬房春彦博士は、「新型コロナウイルスの感染予防対策」の中で、「抗酸化剤投与でウイルス感染予防・治療の可能性が考えられる」と、抗酸化力の重要性を強調したメッセージを発信しました。
つまり、体の細胞を錆びつかせる活性酸素を除去すること、抗酸化力の充実に日頃から注意を払うことは、感染予防・感染後の症状のあらわれ方にも大きな影響を与える可能性があるということになります。重症化となるサイトカインストームを引き起こさないために、抗酸化の心がけがぜひ推奨されます。

優れた抗酸化剤「活性水素」の有用性

体の酸化を招き、病気や老化を引き起こす原因とされる活性酸素を強く抑えるものとして注目されているのが「活性水素」です。この活性水素とは、水素が変化して高い反応性を持ち、強い還元性を持つ物質です。
活性水素は、活性酸素の中でもとりわけ凶悪で有害とされるヒドロキシルラジカルや一重項酸素に対し高く反応し、安全で無害な水に還元してくれる優れた抗酸化剤であると同時に、水素は地球上に存在するものの中で最も小さい分子構造を持つ物質であるため、保存や貯蔵が極めて難しい物質でもあります。そのため、一般的に市販されている水素水などは、製造したときから水素が包装を通り抜けてしまい、摂取する時点ではすでに水素は存在していないということが十分にあり得ます。
活性酸素を実質的に除去するためには、新鮮な作りたての活性水素を摂取することが極めて重要となります。そのためには、体の中で活性水素を産生させることができる質の高いサプリメントで摂取することが何より有用であるといえます。

感染しにくい体づくりのためにできること

新型コロナウイルスに感染しないために、日頃から抗酸化力の高い野菜や果物などを積極的に摂るよう心がけましょう。また食品からだけでは十分量を摂りきれない実情がありますので、抗酸化機能の優れた「活性水素」サプリを上手に活用し、体にダメージを与える活性酸素をこまめに無害化させることで、感染しにくい体づくりを行うことが大切です。
また万が一ウイルスに感染してしまった場合でも、これら抗酸化成分を日頃の倍量を目安に多めの摂取を心がけることで、サイトカインストームに陥り重症化することから、体を守ることが出来るといえるでしょう。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL