NAD +は、加齢に伴う筋肉の劣化を回復させることができます

2020 / 01 / 19

 
EurekAlert! AAAS (American Association for the Advancement of Science)
NAD+ can restore age-related muscle deterioration | EurekAlert! Science News
ニュースリリースより
詳細はこちら

 
(上記出典にもとづいた以下日本語意訳となります)

 
年齢をとるごとに筋肉は弱くなり、虚弱で身体機能の衰えにみまわれた老齢期を過ごすことになります。これは個人に影響を与えるだけでなく、公的医療にも大きな負担を生み出します。しかし、筋肉の老化を定義づけるための生物学的プロセスとバイオマーカーに関する研究努力は、未だ根本的な原因の定義に至っていません。

 
現在、EPFLの生命科学部のJohan Auwerxの研究室の科学者チームは、この問題を筋肉の老化と変性性筋肉疾患の類似点という別の角度から検討し、そこで彼らは自然な老化の過程で骨格筋に沈着するタンパク質凝集体を発見。これをブロックすることで筋肉の老化の有害な特徴を防ぐことができるというものです。この調査はCellReportsに掲載されています。

 
「封入体筋炎(IBM)などの加齢に伴う筋肉疾患の間、私たちの細胞は正しいタンパク質の折り畳みを維持するのに苦労し、これらの誤って折りたたまれたタンパク質を沈殿させ、筋肉内に有毒なタンパク質凝集体を形成する」とAuwerxは説明します。 「これらのタンパク質凝集体の最も顕著な成分は、アルツハイマー病患者の脳内のアミロイド斑と同様に、アミロイドβです。」

 
この研究では、科学者たちは、線虫C. elegansからヒトに至るまで、さまざまな種の老化した筋肉のアミロイド様タンパク質凝集体を特定しています。さらに、彼らはまた、これらの凝集体がミトコンドリア機能も損なうことを発見しました。凝集したタンパク質は脳の老化に寄与することが示唆されており、筋肉の老化にも寄与していますが、ミトコンドリアに直接損傷を与えることが示されたのはこれが初めてです。 「これらの異常なタンパク質毒性凝集体は、脳や筋肉を超えて、老化プロセスの新しいバイオマーカーとして役立つ可能性がある」とAuwerx氏は述べています。

 
しかし、タンパク質凝集体の形成を逆転させることはできるのでしょうか?
これに答えるために研究者たちは、ビタミンニコチンアミドリボシドと抗腫瘍剤オラパリブをワームに与えました。そしてそのどちらもが、老化によりレベル低下するミトコンドリア機能の維持に不可欠な生体分子であるニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD +)のレベルを高めました。

 
ワームでは、2つの化合物は、高齢で提供された場合でも、ミトコンドリアの防御システムをオンにしました。いわゆる「ミトコンドリア品質管理システム」をオンにすると、加齢に伴うアミロイドタンパク質の凝集が減少し、ワームの健康状態と寿命が改善されました。

 
その後、科学者たちは、高齢の被験者とIBMの患者から採取したヒトの筋肉組織に移りました。同じミトコンドリアの品質管理システムをオンにすると、タンパク質とミトコンドリアの恒常性が同様に改善されました。有望な結果により、研究者たちは老齢マウスでニコチンアミドリボシドをテストすることになりました。この治療はまた、ミトコンドリア防御システムを活性化し、さまざまな骨格筋組織のアミロイド凝集体の数とサイズを減少させました。

 
「したがって、ミトコンドリアの品質管理を促進する薬剤をクリニックでテストして、これらの加齢に伴うタンパク質毒性凝集体を逆転させ、組織を若返らせることができる」と、この研究の最初の著者であるマリオ・ロマーニは述べています。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL